まくまく麻雀ノート

牌効率 7 - シュンツ絡みのノベタン(迷いがちな複合系)

更新:
作成:
4s5s6s6s7s7s8s2p3p4p4m5m5m-5p

今回注目すべき箇所は、ソーズの 4s5s6s6s7s7s8s というシュンツ絡みのノベタン系です。 この時点で 2 メンツが完成しており、ノベタンの 4s7s で雀頭を狙える形になっています。 ただ、この形は 3 メンツに発展しやすい形ということを覚えておいた方がよいです。

  • 2s 引きで、3s カンチャン待ち
  • 3s 引きで、2s5s8s 3 面張待ち
  • 6s9s 引きで、5s8s 両面待ち
  • 5s8s 引きで、3s6s9s 3 面張待ち

が残ります。 つまり、3 面待ちになる牌が 3s5s8s の 3 種類もあり、両面待ちになる牌も 6s9s の 2 種類あります。 3 メンツを作り出すのに非常に優秀な形といえます。

4s5s6s6s7s7s8s2p3p4p5p4m5m5m

ここからの切り出しによる牌効率も考えておきます。 まず、雀頭をソーズかピンズに求めてしまう 5m 切りは、極端に受けが狭いので候補から外します。以下は、それ以外の候補について。

  • 2p 切り(ノベタン外し)
    • 両面待ち以上になる有効牌 … 3s4s5s6s7s8s9s3m5m
    • その他の有効牌 … 2s2m4m6m
  • 4m 切り(雀頭固定)
    • 両面待ち以上になる有効牌 … 3s5s6s8s9s1p3p4p6p
    • その他の有効牌 … 2s4s7s2p5p7p5m
  • 4s / 7s 切り(ノベタン外し)
    • 両面待ち以上になる有効牌 … 1p2p3p4p5p6p3m5m
    • その他の有効牌 … 7p2m4m6m

パッと見メンツオーバーなので、2p 外しが有効な気がしますが、実は受けの数では、4m 切りの一手なんですね。 ノベタンの受けの広さ を物語っています。 ただし、好形を残したいのであれば、どちらも有効牌の種類は同じなので、判断基準としては、ソーズとマンズが安そうであれば 2p 切り、ピンズが安そうであれば 4m 切りといったところでしょうか。

最後のソーズ側のノベタンを外す 4s7s 切りですが、これは今回テーマとしている、シュンツ絡みのノベタン を解消してしまうので、ソーズの 8 種類の受けがなくなってしまいます。 受け入れ枚数的には若干不利ですが、ソーズが高い場であれば検討の余地はあります。

関連記事

読書メモ『伝説の雀鬼』柳史一郎

更新:
作成:

麻雀を題材にした映画の中では、間違いなくトップレベルの闘牌シーンを見せてくれる『雀鬼』シリーズ。 その原作となっている小説です。 ちなみに、有名どころの麻雀映画では『麻雀放浪記』がありますが、その麻雀指導も桜井氏が行っています(関係ないけど、『麻雀放浪記2020』はひどかったなぁ^^;)

基本的には映画と同様のストーリーですが、御曹司に化けてカモりまくる話などは、この小説でしか楽しめません。 それにしても、第9話の「治外法権麻雀」は裏技のオンパレードなので、説明がものすごく長いです(他の話は30ページ前後なのに、ここだけ80ページもある)。 映画版の『雀鬼』よりも裏技に関して詳細に解説されていて、そーゆーの好きな人はすごく楽しめると思います。 ローズ(通しサイン)などの解説もこんな感じで詳しいです。

  1. 山を左から右に積み重ねたら元禄が入っている。山を積み重ねる前後に両手が前に出たら爆弾が入っている。
  2. 右手が開いたまま卓上にあったら相手に注意。その手が微かに卓を叩いたらすでに通した牌を打て。
  3. チー、ポン、リーチをかけたいときは手がどこでも親指を立てる。返事で親指を立てたらゴー。小指を立てたらだったら動くな。
  4. 了解したなら自然に右手を横に流す。

などなど。

/p/j6iu6gs/img-001.jpg

ツキや流れの話もしかり。 上記図はその一部ですが、有効牌の引き入れ速度の違いによって、後リーチが勝つという状況を端的に示しています。 わたしは別に流れ信者ではないですが、麻雀を長くやっていると、小手先の技術よりも、こういった変化に気付くことがいかに大切かが分かってきます。 本書はそんな実戦向けの内容が散りばめられているだけでなく、単純に 20 年間無敗の物語としても面白いです。

関連記事

ドラの雀頭化を待つリスク

更新:
作成:

平和狙いのときにオタ風牌のドラが 1 枚浮いているときの考え方についてのお話。

例えば、ドラが 4z で次のような手牌になっているとします。

1m2m3m6m7m4s4s3p4p7p8p9p4z

ここに、上家が 4z を切ってきた場合、いつまで 4z を持ち続けるのがよいでしょうか? こんなときは、手変わりしなかったときのリスクと手変わりしたときのリスク の両方を考えると素早く判断できます。

ドラを持ち続けるのは雀頭の入れ替わり狙いですが、ドラを重ねられないうちに下家や対面からリーチがかかると、一転して厄介な孤立牌となる可能性があります。 仮にドラをうまく重ねられたとしても、そこから 4s を 2 枚切り出していかなければいけません。

つまり、将来的に、

  • 下家と対面に対して、ドラの 4z を切り出すリスクを受け入れられるか?
  • 3 人に対して、4s を 2 枚切り出すリスクを受け入れられるか?

を考える必要があります。

まず、ドラを手放した上家はある程度手がまとまっていて、すぐにでもリーチがかかると考えた方がよさそうです。 とはいえ、上家に対しては 4z は安全牌なので、下家と対面の手が遅そうであれば、4z は少しの間引っ張ってもよさそうです。 もちろん、これは将来的に 4s を落としていく覚悟があればの話ですが、入れ替わり対象の雀頭が 4s みたいな脂っこい牌ではなく 1p とか安全そうな牌であれば、もう少し積極的に 4z を残せます。

逆に、下家と対面に、チートイや混一、変則手の気配があるときは、4z は将来的にとても切りづらい牌になる可能性が高いので、上家への合わせ打ちが 4z を手放すよいタイミングと言えます。

もっとシンプルに考えると、中盤以降はオタ風牌とはいえドラを切り出すリスクが高くなるので、合わせ打ちで処理するのはリスク低減のよいチャンスだと思っておくとよいです(それより危険な牌を抱えるのは意味がありませんが)。

関連記事

メニュー

まくまく麻雀ノート
サイトマップまくへのメッセージ