まくまく麻雀ノート
更新:
作成:

アンペーコーとは

2p2p3p3p4p という一盃口の一歩手前の形から、さらに 2p3p をツモってきて暗刻ができてしまった形、つまり 2p2p2p3p3p4p2p2p3p3p3p4p のことを アンペーコー と呼びます。 呼ぶことにします。 名前を付けておくと覚えやすいので。 暗刻 + 一盃口なのでアンペーコーです。

外ぶくれアンペーコー

2p2p2p3p3p4p

一盃口狙いだったのに、外側の牌が暗刻になってしまった形です。 2p2p3p3p4p の時点では受け入れ枚数が 7 枚でしたが、この形になると 受け入れ枚数は倍増して 14 枚 になります。 1p5p のいずれを引いても 2 メンツが完成する強い形です。

具体的なイーシャンテンからの捨て牌候補を考えてみます。

2m2m3m2p2p2p3p3p4p6s7s7z7z-7z
  • 2m 切り … 1m4m5s8s 4種16枚。雀頭をピンズに固定するので非効率。
  • 3m 切り … 2m1p2p3p4p5p5s8s 8種24枚4p で一盃口、2m3p で三暗刻も狙える。
  • 2p 切り … 1p4p5s8s 4種15枚。雀頭をマンズに固定するので非効率。
  • 3p 切り … 1m2m4m2p5p5s8s 7種23枚。一盃口や三暗刻がなくなる。
  • 4p 切り … 1m2m4m3p5s8s 6種20枚。一盃口がなくなる。

総合的に見ると、3m 切りがもっとも有力です。 2m 切りや 2p 切りで受け入れ枚数が極端に減ってしまうのは、雀頭候補を残りの 1 色の方に限定してしまうからです。

中ぶくれアンペーコー

2p2p3p3p3p4p

続いては、中央の 3p が暗刻になってしまったケースです。 こちらは、先ほどの外ぶくれアンペーコーの形と比べると若干弱いです。 2 メンツ作るための受け入れは、1p4p の 10 枚です。 外ぶくれの場合は 5p の受け入れもありましたが、こちらは 5p は有効牌になりません。

先ほどと同様に具体的な捨て牌候補を考えてみます。

2m2m3m2p2p3p3p3p4p6s7s7z7z-7z
  • 2m 切り … 1m4m5s8s 4種16枚。雀頭をピンズに固定するので非効率。
  • 3m 切り … 2m1p2p3p4p5s8s 7種20枚4p で一盃口、2m2p で三暗刻も狙える。
  • 3p 切り … 1p4p5s8s 4種15枚。雀頭をマンズに固定するので非効率。
  • 4p 切り … 1m2m4m2p5s8s 6種20枚。一盃口がなくなる。

結局こちらも、アンペーコー部分は残し、3m 切りとしておくのが牌効率的には一番有利です。

まとめ

外ぶくれアンペーコー 2p2p2p3p3p4p や、中ぶくれアンペーコー 2p2p3p3p3p4p の形はできるだけ残す。 そして、他の部分を外していくときは、雀頭候補を固定しないよう考慮する。

関連記事

更新:
作成:

下家には尖牌(3 や 7)を絞る

下家がピンズの染め手をしているとき、例えば、1p3p3p4p といったターツを落とさないといけない場合、3p はできるだけ後から切るようにします。 数牌の中でも 3、7 牌は尖牌(せんぱい)と呼ばれる重要な牌で、 1p2p のペンチャンや、2p4p というカンチャンが残っているときに真っ先に鳴かれてしまう可能性が高いです。

例えば、

1p2p5p6p7p7p7p1z1z1z5z5z6z

このような手牌で 3p をチーできれば両面待ちが残るので、喜んでチーされる可能性が高いでしょう。 そして、次に 4p を切ったら放銃です。 逆に、4p を先に切ってチーされなければ、次の 3p 切りでの放銃は逃れることができます。

下記のようなケースもあります。

1p2p3p5p7p7p7p1z1z1z5z5z6z

ここから、3p を鳴くと一時的にカン 4p 待ちになりますが、そこから好形への変化があるため、積極的に鳴かれる可能性が高いです。 逆に 4p からチーされる可能性は低いでしょう。

こういった聴牌のキーとなる部分を解消する 3、7 牌はできるだけ抑えておくのがポイントです。

上家や対面には端牌や字牌を絞る

上家や対面がピンズの染め手をしているときに 1p2p を落とさないといけないときは、内側の 2p から外していったほうが安全です。 1p3p を落とすときも、3p から外していきます。 これは、ポン→ロンのコンボの可能性を下げるためです。

例えば対面が 1p1p3p4p と持っている場合、2p1p という順番で切れば当たりになりませんが、1p2p という順番で切ると、ポン→ロンで当たりになってしまいます。 例外的に 2p1p の切り順で当たりになってしまうケースを考えると、1p1p2p2p2p2p2p3p という形がありますが、1p1p3p4p といった形よりはレアケースでしょう。

  • 1p2p2p から外す
  • 1p3p3p から外す
  • 1p4p4p から外す
  • 2p3p3p から外す
  • 2p4p4p から外す
  • 2p5p5p から外す
  • 3p4p4p から外す
  • 3p6p6p から外す

同様に、字牌とピンズを外していきたいときも、ピンズから外していった方が安全です。

1、9、字牌の選択では字牌を絞る

1s7z のどちらを先に落とすかで迷ったら、1s から落としていくのがよいです。 7z1s という順番で切ると当たってしまうけど、1s7z という順番で切れば当たらないというケースがあります。

例えば、

2s3s5s6s7s8s9s9s5z5z5z7z7z

このような形はメンホンやイッツーが見えるので、9s はポンされないかもしれませんが、7z を鳴けば満貫が確定するので 7z はポンされてしまうでしょう。 その後 1s を切ったら放銃です。 逆に、1s7z という順番で切れば放銃を逃れられる可能性があります。

関連記事

更新:
作成:

少牌マイティ は、手牌を常に少牌にした状態(12枚)で進める特殊な三麻ルールです。 足りない一枚は、オールマイティ扱いになるため、テンパイすると多くの牌が和了り牌になります。 小牌マイティという名前は、「小牌 + オールマイティ」というところから来ています。

関連記事

メニュー

まくまく麻雀ノート
サイトマップまくへのメッセージ