まくまく麻雀ノート

自分の中でリーチする or しないの基準を作っておく

更新:
作成:

そのときの気分によってリーチをかけたりかけなかったりすると、成績が安定せず、どの戦略がうまくいったかどうかの分析もできなくなってしまいます。 自分の中で、どのような状況のときにリーチをかけるのかという基準を作っておき、できるだけそのルールにしたがって打つことをお勧めします。 打ち方のブレを少なくすることで、何が勝敗を分けたのかという反省をすることができるようになります。

例えば、次のような感じの基準を自分の中で持っておきます。

点数が均衡しているときに、ダマ 5200 点の手をはったらダマで確実に点を取りに行く

理由: 山に待ち牌が多く残っていそうであればリーチもよいが、ツモ上がりしても、さらに裏ドラを乗せないとマンガン止まり。 ダマのままでもツモれば同じ 8000 点になる。 リーチをかけて出アガリできたとしても 8000 点(裏が一枚乗っても変わらず)なので、高々 2800 点アップ程度のために、1000 点払って、さらに出アガリの可能性を下げてしまうリーチは効率が悪いと考える。

  • ダマの場合: ツモ→8000点、ロン→5200点
  • リーチした場合: ツモ→8000点(12000点)、ロン→8000点

ただし、親のダマ 7700 点の場合は積極的にリーチに行くのがよい。リーチしてマンガンにすれば、4300 点アップするのでリーチの効果は大きい。 他家を降ろして連荘を狙えるのも利点。

関連記事

まくまく麻雀ノート
サイトマップまくへのメッセージ