まくまく麻雀ノート

捨て牌読み: 終盤の2枚目の端牌切りを読む

更新:
作成:

序盤から中盤にかけて 1、9 牌を切っている人が、終盤でもう一枚同じ牌を切ってきた場合、どのような手になっていると考えられるでしょうか?

結論から言うと、このような切り出しが行われた場合、1-4 の交換、あるいは 6-9 の交換による タンヤオ振り替えの可能性 が高いです。

一度 9p を切っているのに、手中に 9p がもう一枚あったということは、7p8p9p9p からの 7p8p9p メンツ確定の 9p 切りだったと読めます。 仮に他の形、たとえば 7p9p9p とか 8p9p9p という不十分な形であれば、9p は残したくなるので、最初の 9p 切りの時点でメンツが確定している考えるのが自然です。

ということは、7p8p9p という形から何らかの理由で 9p を切ったということなのですが、一番多いパターンは、6p 引きの 9p との入れ替えでしょう。 このような 1-4、6-9 牌の入れ替えは、実戦でもよく経験があると思います。

重要なのは、そこから先の考え方 で、6p7p8p が一枚ずつ持たれているので、「それらの牌はもう山には残っていない」とか、「その周辺の牌は実は安全だ」とか、そういった応用的な考え方ができると強いですね。

関連記事

まくまく麻雀ノート
サイトマップまくへのメッセージ