まくまく麻雀ノート

負け続けているときの考え方

更新:
作成:

どうにも調子が悪く、ラスや三着ばかりを引いてしまうときは、何よりも腐らないことが大切です。

金銭的なことだけを気にして、やみくもに大きな手で逆転を狙いにいったりすると、周りが見えなくなって余計に傷口を広げてしまいます。 集中力がなくなると、他家の手出しとツモ切りをちゃんと見れなくなり、捨て牌すらろくに見れなくなってしまいます。 多くの人がこのパターンにハマって連敗から抜け出せなくなっています。 そして、「今日はぜんぜんダメだった」と後悔だけを残して帰ります

このような打ち方を続けるのは、はっきり言って時間の無駄です。 負けているときこそ冷静になり、一局一局から何かを学ぼうという姿勢で打たなければいけません。 その積み重ねで腕は上達するものですし、そこから少しずつ調子が上向いていくものです。 逆に、バカヅキで勝ち続けているときは、学べることは少ないかもしれません。

たとえ今回負けたとしても、そこから何かを得て、上達に繋げていくことができるのであれば、その負けには大きな価値があります。 本当に欲しいのはあぶく銭ではなく、今後の勝利に繋がる力のはずです。 たとえ負けても何かを得る、そんな気持ちで勝負に臨めるようになるといいですね。

関連記事

まくまく麻雀ノート
サイトマップまくへのメッセージ