まくまく麻雀ノート

牌効率 12 - 3飛びトイツの捌き

更新:
作成:

「飛びトイツは間を落とせ」 という格言があります。

2m3m4m5s6s6z6z6z3p3p5p5p7p7p

このような飛び飛びの3トイツから1枚外す場合、間の 5p を落とすのが牌効率が良いということですね。 3p3p5p7p7p という形を残せば、3p4p6p7p の4種12牌の受け入れで1面子1雀頭が完成します。

これはその通りなのですが、赤入り麻雀では少し状況が変わってきます。

2m3m4m5s6s6z6z6z3p3p5p0p7p7p

このような手牌ではできるだけ赤 0p を使い切りたいとこですが、ここから 5p を外すと、3p7p ツモのときに 0p を捨てることになってしまいます。

一方、7p を外して 3p3p5p0p7p の形にしておくと、直接聴牌する受け入れは 3p5p6p の3種8牌に減ってしまいますが、どれを引いても赤 0p を使い切ることができます。 また、2p4p8p を引くと一手遅れにはなりますが、リャンメン形が残り(完全イーシャンテン)、こちらも赤 0p を使い切ることができます。

0p を切ってでも最速聴牌を目指すべきかどうかで見極めましょう。

ちなみに、次のように端に寄っている3飛びトイツの形も検証しておきます。

1p1p3p3p5p0p

この場合は、セオリー通り 3p を切っておけば、1p2p4p5p いずれを引いても赤 0p を使い切ることができるので大丈夫です。

関連記事

まくまく麻雀ノート
サイトマップまくへのメッセージ