まくまく麻雀ノート

捨て牌読み: 序盤の 3 切りと 4 切りについて考える

更新:
作成:

1、2 牌が切られていないのに 3、4、5 が切られている場合は、1、2 牌は手の内にあるのでしょうか?

序盤のうちに 1p3p / 2p3p / 1p1p3p / 2p2p3p という形から、3p を切り出していくことは少ないので、3p が早い段階で切られているときは、その外側はかなり安全だと考えられます。 昭和時代には、2p3p3p という形から 3p を先切りするという戦法もありましたが、現在はマイナーでしょう。あるとすればチャンタの決めうちの場合でしょうか。

一方、4 や 5 の先切りはチャンタや三色が絡むケース、例えば 1p1p2p4p からの 4p 外しは十分に考えられます。 なので、序盤に 4p が切られているときに、その外側の 1p / 2p が安全と考えるのは早計です。

関連記事

まくまく麻雀ノート
サイトマップまくへのメッセージ