まくまく麻雀ノート

染め手をしている下家への絞り込み

更新:
作成:

数牌の選択では尖牌を絞る

下家が筒子の染め手をしているとき、例えば、1p3p3p4p といったターツを落とさないといけない場合、3p はできるだけ後から切るようにします。 数牌の中でも 3、7 牌は尖牌(せんぱい)と呼ばれる重要な牌で、 1p2p のペンチャンや、2p4p というカンチャンが残っているときに真っ先に鳴かれてしまう可能性が高いです。

例えば、

1p2p5p6p7p7p7p1z1z1z5z5z6z

このような手牌で 3p をチーできれば両面待ちが残るので、喜んでチーされる可能性が高いでしょう。 そして、次に 4p を切ったら放銃です。 逆に、4p を先に切ってチーされなければ、次の 3p 切りでの放銃は逃れることができます。

下記のようなケースもあります。

1p2p3p5p7p7p7p1z1z1z5z5z6z

ここから、3p を鳴くと一時的にカン 4p 待ちになりますが、そこから好形への変化があるため、積極的に鳴かれる可能性が高いです。 逆に 4p からチーされる可能性は低いでしょう。

こういった聴牌のキーとなる部分を解消する 3、7 牌はできるだけ抑えておくのがポイントです。

1、9、字牌の選択では字牌を絞る

1s7z のどちらを先に落とすかで迷ったら、1s から落としていくのがよいです。 7z1s という順番で切ると当たってしまうけど、1s7z という順番で切れば当たらないというケースがあります。

例えば、

2s3s5s6s7s8s9s9s5z5z5z7z7z

このような形はメンホンやイッツーが見えるので、9s はポンされないかもしれませんが、7z を鳴けば満貫が確定するので 7z はポンされてしまうでしょう。 その後 1s を切ったら放銃です。 逆に、1s7z という順番で切れば放銃を逃れられる可能性があります。

関連記事

まくまく麻雀ノート
サイトマップまくへのメッセージ