まくまく麻雀ノート

捨て牌読み: ペンチャン・カンチャン落としからのリーチにまたぎ筋なし

更新:
作成:
1p7z5z4m8s9s4z

リーチの直前にこのようにペンチャンやカンチャンが(手出しで)落とされている場合の手を読んでみます。

ペンチャンやカンチャンのターツを途中まで残していたということは、それでメンツの完成を狙っていたと考えるのが自然です。 4m はそれよりも前に切られていますが、仮にこの周りに別の牌があってターツの形になっていたのであれば、ペンチャンやカンチャンよりもよい形なので、そちらを残しているはずです。 4m4m5m という形からリャンメン固定で 4m が切られることもあるかもしれませんが、メンツが欲しい時にそのような切り出しをすることは少ないでしょう。 また、雀頭よりもメンツが欲しいというときに、4m5m5m から雀頭固定の 4m 切りも考えにくいです。 あるとすれば、4m5m5m5m からの暗刻確定でしょうか。

こう考えると、ペンチャン・カンチャン落とし前に切られた牌のまたぎ筋が残っていることは少なく、このような場合は 無筋の方が危険 といえそうです。

関連記事

まくまく麻雀ノート
サイトマップまくへのメッセージ