まくまく麻雀ノート

357 リャンカンのリーチ牌の選択

更新:
作成:

3p5p7p のリャンカン形からリーチするときの選択の話です。

1p1p3p5p7p

ここから 3p7p を切ってリーチにいく場合、どちらも違いがないように見えますが、実は 3p 切りリーチにしておいた方があとひっかけになる可能性が高いです。 リーチ後に 9p がツモ切りになると、スジの 6p が盲点になります。 逆に 1p はすでに雀頭で 2 枚使っているのでツモってくる可能性が低く、4p はあとひっかけになりにくいです。

2p2p3p5p7p

これも似た形で、今度は雀頭が 1p ではなく 2p になっています。 この場合も 3p 切りリーチとすると、6p 待ちが盲点となる可能性が若干高いです。 なぜなら、誰かが 8p をアンコにしていて、6p9p のスジがワンチャンスに見えることがあるからです。 リーチ後に自分が 8p をツモ切りして壁になる可能性もあります。

1p1p1p2p2p3p5p7p

こんな形はどうでしょう? 前の 2 つの複合形だと考えるとわかりやすいですね。 リーチ後に他家から 8p9p が見えることによって、6p9p のスジが盲点になるので、3p リーチの方が有利になりやすいです。

関連記事

まくまく麻雀ノート
サイトマップまくへのメッセージ