まくまく麻雀ノート

捨て牌読み: 赤5が切られているときは3,7が安全

更新:
作成:

4p5p0p

5p0p6p

上記のような形から 5p ではなく、あえて 0p を切る可能性は低いので、0p が切られているときは、3-6、4-7 待ちの可能性は低いと言えます。

ただし、2p3p0p という形をテンパイぎりぎりまで引っ張ってリーチということがあるので、0p 切りリーチの場合は、1-4、6-9 待ちは普通にあります。 逆に、0p の出が早い場合は、手の中に 2p3p7p8p があることは少ないので、1-4、6-9 は比較的安全と言えます。 3p0p という形から 2p がくっついて 1-4 待ちになることもありますが、この形からはカンチャン待ちでそのままリーチにいくことも多いため、あまり考慮しなくてもよいでしょう。

また、0p 切りリーチの場合は、1p3p0p あるいは 0p7p9p のリャンカン形からのひっかけリーチがあることに注意が必要です(特に 123、789 の3色狙いの場合)。リャンカン形から赤を早切りすることは少ないので、0p が早めに切られているときは、比較的安全かと思います。

まとるめると以下のようになります。

  • 捨て牌に 0p があるときは、3p7p は安全。
  • 0p 切りリーチは、まれに即引っ掛けの 2p8p 待ちがあるが、0p が早めに切られているときは安全。
  • 0p 切りリーチは、まれに平和狙いの 1-4、6-9 待ちがあるが、0p が早めに切られているときは安全。

関連記事

まくまく麻雀ノート
サイトマップまくへのメッセージ