まくまく麻雀ノート

端牌を残すことによる受け入れを考える

更新:
作成:
1p6p7p8p9p1z4z4z5z5z5z6z6z6z

という混一イーシャンテンからの切り出しでは、下記のような選択肢が考えられると思います。

  • 1p 切り … 字牌の受けを残しつつ、ピンズの上のくっつきを待つ
  • 6p 切り … チャンタを狙う
  • 1z 切り … ピンズの受け入れを広くする

場況にもよりますが、テンパイチャンスを広げようと思ったなら、1z 切りの一手です。 1p6p7p8p9p という形を残すと、ピンズならどの牌をツモってもテンパイすることができます(有効牌は10種類もある)。 1p 切りでは有効牌は 8 種類、6p 切りでは有効牌は 5 種類と、テンパイのための受け入れがグッと減ります。

1p1z も孤立牌のように見えますが、1p の周りに牌がない場合は、1p を残すことで 1p2p3p の受け入れが増えるということです。

先日もほぼ同じ形になり、1z 切りから、4p0p とツモって和了ることができました。 結果的には 1p 切りから始めても同じでしたが、端牌を残すことの利点を把握していれば、迷わず打牌することできます。

では、ピンズの4連形がすこしずれて、下記のような形だったらどうでしょう?

1p4p5p6p7p1z4z4z5z5z5z6z6z6z

この形であれば、4連形で 2p から 9p までの受けがカバーされているので、1p 切りでも有効牌は 10 種類になります。 1z 切りでも、1p の受け入れが増えるだけで、有効牌は 10 種類で変わりません。 この場合は、場風牌の 1z を残す方が有利なことが多いでしょう。

関連記事

まくまく麻雀ノート
サイトマップまくへのメッセージ